家族関係改善セラピストとしての思い

 

誰にもわかってもらえない自分の生きづらさの悩みを解消します!!

 

ご訪問ありがとうございます。

 

不登校のお子さんのことでお悩みの方。

敏感で繊細なお子さんをお持ちのお母さま。

子育て。介護でお悩みの方。

周りと違う感覚を誰にも受け入れてもらえなかった方。

疲れやすくてイライラしやすく困っている方。

誰にも自分の生きづらさをわかってもらえない方。

人間関係に困っている方。

 

今あるお悩みは、人間の重要な基礎である、ご家族やご両親との関係性、育ってきた環境や、先祖から受け継いできた固定観念。自覚ができていない抑圧された古い感情を見直すことが大きなポイントとなります。

 

生きがいを感じることや自由に生きることを遠ざけ、他人のために自分を犠牲にすることや、我慢することが善しのかんねんが定着し、そのために抑えてしまった思いや満たされなかった欲求。

一方的に押し付けられた固定観念や独自のルール。誰にも言えずに隠していた事実など、それらがその家庭内では当たり前となっています。

 

その観念は、戦前戦後の長い間、先祖から引き継がれ、根強い家系の風習や価値観として染みついていきます。それを破ることは悪であり、不安と恐れをあおられながら罪悪感の大元となっています。


当時にとっては、とても重要だったことが、今を生きるには合わなくなり、偏りと歪みとして、身体や心の不調を起こしたり、形を変えながら悩みという現実を創り出しているのです。

 

我慢をし続けた抑圧感情のエネルギーをインナーチャイルド(未消化の感情)という呼び方をします。

 

脳内の潜在意識に入り込んで自覚がない状態なので、平凡な状態や自分ひとりでは気づけません。アクシデントという強烈な起爆剤をきっかけに、要らなくなった古い固定観念やインナーチャイルド(未消化の感情)の存在を気づかせようとします。

 

親のせいや環境や何かのせいにして被害者でいることは、逃げ道があって楽なのですがなんの解決になりません。むしろ、放置した状態が今までのパターンを繰り返し、深刻さを増し、負の連鎖が次世代へと引き継がれてしまいます。

 

ただし、過去と向き合うことは痛みを伴うこともあります。その強い傷みがあるからこそ、本気でなんとかしたいという感情が出てくるのです。

赦す勇気だったり、誰かに頼る勇気だったり、甘える勇気だったり、何かを捨てる勇気だったり、今までと違う行動をする勇気だったりの大きな力の源です。


その勇気と行動は、今までの風習や価値観が見直され、家族との関わりや在り方が変わります。

そのためには、家族との関係を見つめ直すことや、観念や習慣を変えていくこと、インナーチャイルド(未消化の感情)をケアすることが、悩みの解消の大前提なのです。


自分ができることをひとつずつ丁寧に、小さなステップを成功として体験すること。成功体験を記憶させていくことで、それが自信となります。 その自信が基盤となり、心の声に従って人生を開拓できます。


誰にもある、自分に癒せる強い力と純粋で大きな愛を引き出しながら、自分主導の答えをみつけられるようになるのです。

 

強い呪縛に支配された人生だったからこそ、本気に取り組んだ先に見える新しい世界があります。

 

自然体で家族と喜び支え合う関係、充実した生活、自由で豊かな人生を取り戻した時の喜びは大きいものです。先祖や家族やその先の子孫に新しい愛の連鎖が繋がっていきます。

それでも、大きな役目は、ひとりでは重過ぎます。

安心安全の環境で、誰にも言えなかったその思いをお話してみませんか。

その勇気が自分自身、そして家族を幸せにする大きな一歩になります。

 

家族関係改善セラピストとして、しっかりとサポート、ナビゲーションをさせて頂きます。